*バイマの関税はどう対処する?よくある質問Q&A*

バイマ 海外バイヤー
海外から商品を仕入れる際に
注意しなければならないことの一つに

関税の支払いがあります

 

バイマをやっていく上では
関税は切っても切れない関係になりますが、

関税のことって
分からないことが多すぎますよね。

 

バイヤー活動を
行っていく上ではもちろんですが、

バイマで買い物をする際にも
この関税についてはある程度理解をしておいたほうが良いので、

 

バイマの関税にまつわる
トラブルや解決法をまとめました♪

 

バイマの関税はどう対処する?よくある質問Q&A

  1. 関税はある一定の条件で発生するが、100%確実なものではない
  2. 関税がかかった場合の支払い方法
  3. 対象となる商品は関税がかかることを想定して価格設定をする

 

1.関税はある一定の条件で発生するが、100%確実なものではない

主婦A子さん
買い付けたサンダルが昨日届いたんですが、その場で関税を請求されてしまいました。初めてのことでビックリしてしまいました…どんな商品に対して関税はかかるんですか??
ミドリ
A子さんが買い付けたサンダルはどのようなデザインでしたか?具体的に教えて下さい。
主婦A子さん
木の厚底で、それ以外はレザーのサンダルです…
ミドリ
基本的にレザーの靴は高い関税率になります。4,300円か商品代金の30%の高い方になります。高いですよね〜。

また、“レザーの靴”と言っても、全体がレザーの素材のものだけではなく、靴の一部にでもレザーが使われている場合は該当してしまうことも覚えておいて下さい。詳しくはこちらをご覧ください⇒主な関税率の目安

 

主婦A子さん
レザーの靴は注意が必要ですね・・・。あと、1万円以上の場合は関税がかかると聞いたんですが、実際はどうなのでしょうか?
ミドリ
そうですね、税関のホームページにも『課税価格が1万円以下の貨物の場合、原則として、関税、消費税および地方消費税は免除されます』とあります。

とは言え、レザーの靴を購入しても関税がかからなかったり…とアバウトな時もあるようです。分からない点があれば関税に直接問い合わせると、とても詳しく教えてくれますよ☆彡

 

2.関税がかかった場合の支払い方法

シュフ子さん
利益を伸ばすために、転送に切り替えました!直送の時は商品が自宅に届いた時点で関税を支払っていましたが、転送ではどのように支払ったら良いですか?
ミドリ
アメリカの転送会社から日本への発送方法には主にDHL、USPS、FEDEXがあります。

  • DHL:一般的には荷物の受取時に現金で支払いをしますが、荷物の発送後にDHLに電話連絡をすることで、クレジットカードで決済をすることが可能です(支払いの際は追跡番号が必要になります)
  • USPS:一般的には荷物の受け取り時に現金で支払い
  • FEDEX:1万円以下の場合は後日、請求書が届くのでコンビニ払いをする。1万円以上の場合は通関の前に電話があり、通関前に支払いをする必要があります。

 

シュフ子さん
なるほど〜。出来るだけクレジットカードで支払いをしたいですね。

どの配送方法が一番良いでしょうか?

ミドリ
配送日数に関しては、FEDEXのPriorityという方法が約3-4日と一番早く届きます。しかし、送料がかなり高くなる傾向になりますので、約5-7日で届くEconomyを選択する場合も多いです。お客様にお届けする日と配送日数を考えて、出来るだけ余裕を持ってスケジュールを立てると良いですね。

しかし、転送会社によってはFEDEXが安くてDHLが高いという場合もあります。各配送方法で配送日数や送料もかなり変わってきますので、その都度一番良い方法で選択して下さい。

 

3.対象となる商品は関税がかかることを想定して価格設定をする

主婦A子さん
今までレザーの靴や少し高い商品でも、送料のことばかりで関税がかかることを考えていませんでした…先ほど質問をしたレザーのサンダルも、完全に赤字です(**)
ミドリ
初めのうちは失敗があっても仕方がありません!勉強代と思って次へ繋げましょう(^^)

  • 送料込みで課税価格が1万円以上となる場合
  • 一部にでもレザーが使われている靴

このような商品を出品する場合は、関税がかかってくることを想定して出品価格を設定しましょう。
レザーの靴については先ほど申し上げましたが、それ以外の物は関税・消費税等合わせておおよそ10%〜15%前後と思っておいて良いですね。

しかし、この原則の例外として当てはまるものが、

  • 皮革製バッグ
  • 革製手袋
  • 履物
  • パンティストッキング
  • タイツ
  • ニット製品(Tシャツ、セーター等)

これらは16,666円円以下のものでも関税がかかることがあるので注意が必要です。
関税がかかった場合も通常の10%〜15%よりも少し高めになることが多いです。

これも関税がかかったりかからなかったりと100%のことは言えませんが、原則としてこの様な規則になっていることを覚えておくだけでも、万が一の時に困らずに済みますよね!



 

主婦A子さん
バイマのページを見ると“関税は基本的にお客様負担”とあるんですが、それでもバイヤーが支払うんですか??
ミドリ
そうですね。そのように記載はありますが、海外バイヤーの商品説明を見てみると、「関税がかかった場合は返金します」と言うように実際にはバイヤーが負担している場合が多いようです。いくら掛かるかもはっきりしないので、バイヤー負担となっている方がお客様も安心ですよね。
主婦A子さん
なるほど!確かに「後からお金を請求されたら…」と思うと買いたくないですよね。私も関税を負担してくれるバイヤーさんを選ぶと思います♪
ミドリ
実際に海外バイヤーから商品を購入し、商品が自宅に届いた際に予想外の関税を請求されたことで、それがクレームとなってしまうケースもあります。(商品の説明などには関税が発生することは記載されていても、しっかりと把握されずに購入してしまうお客様も多いようです)

国内バイヤーから購入する=絶対に関税がかからないことは、受注をもらえるポイントにもなりますので、『関税はバイヤーが負担をしますので一切かかりません。ご安心下さい』と一言出品ページに付け加えておくと良いですね♪

 

 

 

バイマの関税はどう対処する?よくある質問Q&A

  • 関税はある一定の条件で発生するが、条件を満たしていてもかからないケースも有り100%確実なものではない
  • 関税がかかった場合は配送方法によって支払い方法も変わる
  • 利益がマイナスにならないよう、対象となる商品は関税がかかることを想定して価格設定をする

 

ミドリ
関税については、色々と調べても『100%こうなんです!』とハッキリとは言えませんが、利益がマイナス等といった“最悪の事態”が起こらないようにしておきましょう。

 






参考になった方はポチッとクリックお願いします♪


人気ブログランキングへ

無料メール講座