バイマで不良品がお客様に届いた!?検品時に見るべき3つのポイント

バイマ 不良品

買い付けをした商品を
お客様にお送りする際、

商品全体を見た時に
汚れや糸のほつれ等は

すぐに確認することが出来ますので
対処をしてお送りしているかと思います

しかし、商品によっては
思いもよらない所に不良が見つかることも(**)

 

検品をしっかりしているつもりでも
検品数が増えていくと必ず見落としがあります

そのままお客様に送ってしまっては

返品交換の手間もありますし
悪い評価に繋がりかねません

そうならないためにも

検品時に見落としがちな
3つのポイントについてご紹介します☆彡

 

バイマで不良品がお客様に届いた!?検品時に見るべき3つのポイント

  1. 商品本体のサイズ・カラー表記の確認
  2. 商品の動きの確認
  3. 商品の内側・裏地の確認

 

1.商品自体のサイズ・カラー表記の確認

「商品のサイズは必ず見るけど、
当たり前ではないの?」

と思う方も
いらっしゃるかもしれませんが

商品が入っている袋や箱だけで
判断してしまっている方もいませんか・・・?

海外商品の場合
中身と袋や箱のサイズが

違うことが珍しくありませ

 

袋や箱に記載されている
サイズやカラーだけを見て

中身は汚れ等の確認のみ・・・

とても危険です^^;

そしてカラーについても
一見ショップの画像と同じに見えても

カラー表記がショップに
記載してあるものと

実際の商品に記載してあるものが
違う場合があります

バイマ 不良品

その場合はきちんと
そのカラーで間違いないかを確認し

発送前(または発送時に)
お客様にお伝えすることが必要です

 

2.商品の動きの確認

商品の動きと聞くと
何を思い浮かべますか??

分かりやすいもので行くと
衣類のファスナー部分です

  • ファスナーが半分しか下がらない
  • 一度下げたら戻らない
  • 動きが硬い

 

日本の新品の商品では
あまり考えられませんが

このような商品も時々ありますので
必ず一度その動きを確認して下さい

衣類のファスナー以外にも

  • 靴のファスナー部分
  • バッグや財布のファスナー部分
  • ボタンや留め具の部分
  • バッグ等の長さ調整部分

 

商品によって様々ですが
「自分が使う時を想定して動かしてみる」ことが必要ですね!

あまり触りすぎると
しわが出来たりしてしまいますので

ゆっくりと丁寧に扱って下さい

 

3.商品の内側・裏地の確認

私が見落としてしまった
経験があることが

商品の裏地のカラーが
違っていたというもの・・・

これもパッと見た感じでは分からず
お客様にお送りしてしまい

到着後にお客様からの指摘で
発覚したものでした・・・

私自身、まさか裏地が違うことがあるとは
頭に全く無く

十分に確認が出来ていなかったことが原因です(**)

 

裏地のカラーが違う以外にも

  • 裏地がほつれている
  • 表側は綺麗でも内側の汚れ
  • 財布のポケットに値札が入っている
  • 財布のポケット部分の柄が違う
  • スマホケースは外箱から見えない部分が汚れている

などなど・・・
表面的には分からなくても

中身が汚れていたり
一部分のカラーが違っているということがあります

中身までしっかりと確認することが
大切ですね☆彡

バイマ 不良品

バイマで不良品がお客様に届いた!?
検品時に見るべき3つのポイント〜まとめ〜

  1. 商品本体のサイズ・カラー表記の確認が間違っていないか
  2. 実際に使う立場になってみて、商品の動きの確認
  3. 一見見落としがちな商品の内側・裏地の汚れやカラー違いの確認

 

検品では大丈夫という
「思い込み」が一番ダメです!

見落としがちな部分を
頭に入れておくだけでも

注意して商品を
見ることが出来ますよね

 

初めは時間がかかってしまいますが
これもお客様に満足して頂くためです☆彡

ひとつひとつの丁寧な対応は
必ず結果に返ってきますので

頑張っていきましょう(^^)

 

参考になった方はポチッとクリックお願いします♪


人気ブログランキングへ

無料メール講座

Pocket